ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

月刊ぷらざ 2018年9月号

31最近よく聞く「健康寿命」とはなんですか。ヒトが心身ともに健康で自立して活動できる期間のことです。日本人の場合、平均寿命との差が10?13年あると言われています。近年、お口の中の健康と健康寿命との関係が注目されています。お口の中に残っている歯の本数が多い人ほど認知症になりにくく寿命が長い、生活の質が高く社会活動意欲があるという調査結果も出ています。残っている歯が少ない方でも、きちんと噛める状態にすることで自分の歯で噛むのと同様の効果が得られます。なんでもよく噛める綺麗な歯を手に入れて、楽しく豊かな人生を送れることは素晴らしいことです。お口の中の健康は、人生の満足度に大きく関わっていると思います。QAインプラントが気になりますが怖いです。大丈夫でしょうか。大丈夫です。インプラントはとても良い治療法ですが、それだけが治療法ではありません。義歯やブリッジが向いている方もいらっしゃるので、相談してお一人お一人の状態に合わせた方法でQA治療していきます。矯正治療や補綴治療、欠損修復治療(インプラントや義歯など)を組み合わせて、良い状態が長く続くように治療を進めていきます。また多くの患者さんがインプラント治療中や治療後の痛みなど心配事について、術前に思っていたイメージほどではなかったという感想をお持ちです。心配なお気持ちは良く分かりますので、なんでも遠慮なくご相談ください。内田 隆博 副院長診療科目日本審美歯科学会会員・九州歯科大学口腔インプラント科臨床登録医・歯科臨床研修指導医日本口腔インプラント学会会員診療時間月・水・金曜/AM9:00~PM1:00、PM2:30~PM7:00火・木曜/AM9:00~PM1:00、PM3:00~PM6:30土曜/AM9:00~PM1:00休診/日曜・祝日、土曜午後一般歯科・矯正歯科・小児歯科・口腔外科・審美歯科インプラント・ミラクルフィット取扱い明野→上野ヶ丘中学校日豊本線久大本線●大分内科腎クリニック●●←大分駅↑県庁GSローソン●R10内田 雅則 院長かみ合わせ認定医・日本アンチエイジング歯科学会認定医・日本口腔インプラント学会会員・日本審美歯科学会会員取材協力/医療法人輝衛会うちだ歯科??(097)532-6138所>顕徳町2-5-21  ガーデンコート1F駐>14台大分市 うちだ歯科 で検索ミラクルフィットミラクルデンチャー密着度の高い最新の部分入れ歯CT情報と最終上部構造(かぶせもの)の情報を統合し、インプラント埋入位置の正確なシミュレーションを行い、その位置で作製した精度の高いガイドを用いて手術を行う安全な方法です。ガイドサージェリーどちらも大麦の一種です。大麦には食物繊維が多く含まれ、白米の約20倍もあります。特に「β -グルカン」という水溶性食物繊維が豊富で、これは食べたものを胃から腸へゆっくり移動させる働きがあります。そのため消化吸収に時間がかかり食後の血糖上昇を抑えてくれます。他にもコレステロールの吸収を抑え、便秘を改善する効果も認められています。大麦はもち性とうるち性に分けられ、「もち麦」はもち性大麦の外皮を少し残して精麦したもので、「押し麦」はうるち性大麦の外皮を完全に精麦した後に蒸して押したものです。最近では他にもライ麦やふすまパンなど食物繊維が豊富で血糖値に良い食品が利用し易くなりました。さらに詳しく知りたい方は病院で開催される糖尿病教室への参加をお勧めします。「もち麦」や「押し麦」をお米に混ぜると糖尿病に良いと聞きますがどうしてですか?QA岡本 健二郎 院長取材協力/すずかけ岡本クリニック??(097)532-3312診療時間診療科目日本内科学会総合内科専門医日本糖尿病学会糖尿病専門医日本プライマリケア連合学会認定医日本糖尿病協会療養指導医大分県糖尿病療養指導士中央認定委員月・火・水・金曜/AM9:00~PM1:00、       PM2:15~PM6:00木曜/AM9:00~PM1:00、PM2:15~PM4:30土曜/AM9:00~PM0:30休診/日曜、祝日、土曜午後糖尿病教室 金曜/AM10:00~AM10:40内科・糖尿病内科・胃腸内科所>千代町2-3-45??https://okamoto-iclinic.wixsite. com/suzukakeok40m道路新川検察庁前大分法務総合庁舎みずほ銀行ローソン日本赤十字社大分赤十字病院大分東明高校大分短大●●●●● ●●肺がんの最大の危険因子は「喫煙」です。喫煙者が肺がんを発症する危険性は、非喫煙者に比べ男性は4.4倍、女性は2.8倍になるという研究データがあります。男性の肺がん患者のうち68%の人が、タバコを吸っていなければ発症しなくて済んだと考えられています。タバコの煙を吸い込む事で体内で活性酸素が大量に発生し、これが正常な細胞を傷つけてしまいがんを発生させると考えられています。自分の意志とは関係なくタバコの煙を吸ってしまう受動喫煙がある人は、そうでない人に比べ肺がん死亡率が1・19倍になることもわかっています。喫煙は肺がん以外のすべてのがんにも影響を及ぼします。 大気汚染や栄養に気を付けることも大切ですが、やはり禁煙が一番と考えられます。まずは専門医にご相談ください。「肺がん」の予防方法はありませんか?QA平田 範夫 院長取材協力/医療法人道治会ひらた呼吸器内科クリニック??(097)558-0888診療時間診療科目医学博士・元大分医療センター呼吸器内科医長日本禁煙科学会認定上級禁煙支援医師・日本内科学会認定医・抗菌化学療法認定医・日本医師会認定産業医・ICD・身体障害者福祉法第15条指定医師平日/AM9:00~PM0:30(受付~PM0:00)、   PM2:00~PM6:30(受付~PM6:00)木・土曜/AM9:00~PM0:30休診日/日曜・祝日、木・土曜午後※急患は随時受付(要電話予約)呼吸器内科・アレルギー科・内科所>日岡3-1-23(日岡小学校そば)駐>あり ??http://www.hirata-rc.jpひらた呼吸器内科 で検索● R197●●●新日鐵正門柳通り豊原神社王府高城駅仲西陸橋日岡小学校ストアーよしだ婆皿よしたけすき家●くも助 ●●40m道路ビッグチェーンマルショク