‘キヤノン’ タグのついている投稿

第66回全国高等学校バスケットボール選手権大会

CAMERA, JJ | by JJ 2013年7月31日

バスケのインターハイベスト8が決まる試合を取材してきました。写真は福大大濠8番の選手(U-16日本代表メンバー)。

福大大濠8番の選手(U-16日本代表)

福大大濠8番の選手(U-16日本代表)

U-16の選手でも控えなんだなぁと思いながらこの日一番の盛り上がりを見せた、福岡大学附属大濠(福岡) vs 帝京長岡(新潟)の試合を撮影。大濠13番の選手が神がかり的なシュートを連発して決め、結果77-71で大濠の勝利でしたが本当にすばらしい白熱した試合でした。
室内での撮影は思ったより暗く、F2.8のレンズであってもISOを1,000〜に上げないとシャッタースピードがかせげず、上位機種のカメラではないので、ノイズをとるか動きの無いシーンをとるかになってしまい苦戦しましたw  「いやいや、腕が悪いのでしょう」との突っ込みが世の中のカメラマンより来そうなので・・・、ここで“ぼやき”はおしまーい!

同じ九州なのに・・・

CAMERA, JJ | by JJ 2013年7月30日

先日、飛びっちょ勘太郎より横やりが・・・「この前のかぼすの投稿は“かぼす”の紹介をしとるだけで、カメブロじゃなくても良いんじゃなかとね?」と飛びっちょ勘太郎。標準語・大分弁・関西弁を使い分けるJJにとっても、まだまだ熊本弁に関しては解析途中なので、正しく発言の一言一句が表記出来ているか甚だ疑問だが、飛びっちょ勘太郎の指摘も一理ありなので、当時の撮影状況を少々w
当時、大分の特産物である“かぼす”を活かした「THE・おおいた」ブランドロゴ県内1号になった商品を開発された和菓子屋さんに取材で行った際に、途中のスーパーで“かぼす”を購入し撮影したものでした。
カメラはもちろん、愛機 Canon IMAGE MONSTER EOS 7D
レンズはカメブロ初登場の、Canon EF28mm F1.8 USM

Canon EF28mm F1.8 USM

Canon EF28mm F1.8 USM

本来であればマクロの100mmぐらいで撮りたかったのだが、そのようなレンズはないので、単焦点で当時よく使っていたレンズで撮ったものだった。当然、撮影の後は試食w 甘いものが大好きなJJの顔が緩んでしまっていたのは言うまでもない。(^^)
しかし、同じ九州なのに色々と方言があって面白いですね!

カメラマン勘太郎の復活①

| by 飛びっちょ勘太郎 2013年7月18日

勤めに出て2年半程経った頃、その頃私は都内某印刷会社の寮にいたが、先輩を差し置いて、すでにその寮のボスの座に納まっていた。ふと、出世した自分の姿を田舎のお袋に見せてあげたい衝動に駆られた。考えてみれば、高校を卒業し、学生時代を含めた6年間の写真と言えば、クラブの合宿風景以外は皆無であった。

学生時代の写真と言えばこの類いのものしかない

学生時代の写真と言えばこの類いのものしかない

東京でのこの「栄光の日々?」は、ぜひとも記録に残しておきたい。小学生の頃見た、高崎山のボス猿の写真が脳裏を過った。「カメラを買おう」生まれて初めてそう思った。ボーナスを待ちきれず、貯蓄を一部取り崩し、師走の雑踏の中、その頃よくTVのCMで見て知っていた「ヨドバシカメラ」へ行った。その頃の自分の趣味と言えば「読書と貯蓄と親孝行」であったため、給料は安くとも貯金は沢山あった。しかし、10年以上カメラから遠ざかっていたし、何せ自分でカメラを買うのも初めてなので、大いに不安であった。丁度その年の4月に、福岡の九州産業大学写真学科を卒業して入寮してきた新人がいたので、これ幸いと、ボスの地位を大いに利用して、強制的にそいつをヨドバシに連れて行った。「ピント合わせ不要で、自動巻き上げ、予算4万円以内」。これがその新人に課した条件であった。当時発売されたばかりの、キヤノンの「オートボーイ」なる製品が人気だったらしく、そいつはよく吟味もしないで、いきなりそれを薦めた。しかし今になってよく考えてみると、確かにオートボーイは、自分が出した条件「ピント合わせ不要で、自動巻き上げ、予算4万円以内」にぴったりで、彼は実にいい仕事をしていたのであった。が、なぜかオートボーイは気に入らなかった。「定価4万円越え」と、「当時結構人気=みんな持っている」の2点に加え、おそらく無骨なデザインが気に入らなかったのではないかと思うのだが、本当のところよく覚えていない。

残念ながら購入に至らなかったキヤノン オートボーイ

残念ながら購入に至らなかったキヤノン オートボーイ

あれこれ談合していると、見かねた店員さんがリコーの製品を薦めてくれた。小学生の頃の愛機「リコーオートハーフS」により、「技術のリコー」として私の胸に深く刻まれた、あの「リコー」の商品であった。見せられた瞬間から、すでにカメラには後光が差していた。(つづく)

ヨドバシの店員さんが差出したリコーのカメラには燃えるような後光が差していた

ヨドバシの店員さんが差出したリコーのカメラには燃えるような後光が差していた